鍵屋が教える鍵開けの方法

鍵と一言に言っても、玄関ドアに使われるようなシリンダー錠から車の鍵、自転車の鍵、窓の鍵、更には金庫の鍵や南京錠など、非常に多くの種類がありますね。私たち鍵屋はそれらの鍵の仕組みを熟知し、その人が必要としていて、尚且つ求める性能に見合った鍵をご紹介し、作成しているわけです。鍵を必要とする人は、基本的にセキュリティ面を考慮して必要としています。かといって強固なものだけをご案内してしまっては、値段も高価になるうえに強固すぎてオーバースペックになる場合があります。鍵を求めてくる人で鍵に詳しい人は少ないので、私たちがいかに効果的なご案内ができるかが重要になってきますね。

さて、そんな種類の多い鍵ですが、それら鍵の解錠のために必要な物と言えば、もちろん誰もがそれに対応した鍵を思い浮かべるでしょう。今や各家庭に複数の鍵があるのは当たり前で、誰もが鍵を持ち歩いている時代ですから、鍵というものは私たちの生活で一番身近な防犯グッズと言えます。ですが、その鍵をもし無くしてしまったら…?その鍵を開けるには、私たち鍵の専門家に依頼しなければなりません。それにはもちろん費用がかかりますし、私たちが到着するまでその鍵は開けることができない状態になるわけです。

そんな時に役立つのが、鍵開けの技術と知識になります。皆さんも「ピッキング」という言葉を聞いたことがあるでしょう。空き巣などの犯罪に利用されることが多い技術なので違法行為と誤解されがちですが、このピッキングは決して違法行為ではなく、技術として身に付けていけないものではないのです。もちろん、それを悪用し他所の家の鍵を開けたりしてはいけません。それは違法行為となりますからね。ただ、もし万が一の際にピッキングすることができれば、鍵を無くしても家に入ることができたりするわけです。鍵には前述の通り多くの種類があり、それら全てがピッキングで開くというわけでもありませんが、玄関ドアなんかに使われている鍵はいまだにシリンダー錠が主流ですから、無駄にはならないでしょう。

さてそのピッキング、技術はもちろんですがいくつかの道具も必要となります。「ピック」と「テンション」と呼ばれる2つの道具で、これを駆使して解錠するわけです。ピックは鍵の中のピンを押し上げるために使い、テンションはシリンダーに回転の力をかけることに使います。よく映画なんかでヘアピンだけを使って解錠していたりしますが、基本的にはテンションが必要で、しかもこのテンションのほうが重要だったりもします。ピンをピックで押し上げてテンションでシリンダーを回して解錠する。これがピッキングという技術になるのです。もちろん、その錠前の種類や仕組みによって、操作は複雑になったりピンの押し上げ方なども変わってきます。絶妙な力加減や鍵の仕組みを理解したうえでの技術となることを知っておいてくださいね。最近は動画などが公開されていたりもしますから、身に付けたい方は動画を見て理屈を理解し、自宅の鍵で試してみたりしてください。繰り返しますが、絶対に他所の家でやってはいけませんよ!
ちなみに最近は「バンピング」という方法もあります。バンプキーと呼ばれる鍵を使って、そこに衝撃を与えることで簡単に解錠してしまう方法です。南京錠とかであればバンプキーの作成も簡単ですし、試しにやってみるのも面白いかもしれませんね。

解錠方法は挙げたらもっとありますが、有名ドコロはこの2つでしょうか。何度も繰り返しますが、これらは絶対に悪用してはいけません。あくまで自宅での緊急の方法や趣味の範囲で留めてくださいね。